セミリタイアできた節約ステップ

目次

節約ステップ

STEP
借金をしない

クレジットカードの分割払い・リボ払い、消費者金融、自動車ローン・住宅ローンを組まない。借金を支払う義務は、精神的なストレスがとても強く、健康にも悪影響です。

STEP
ギャンブルをしない

ギャンブル依存症になると、自分の意志ではギャンブルを止めることができなくなります。

STEP
お酒・たばこをやめる

禁煙の難易度は高いですが、支出を抑える効果は大きいです。 タバコは10年以上吸っていたので、タバコをやめるのに苦労しました。何度も禁煙にチャレンジして失敗し、最終的には根性で禁煙しました。

STEP
家計簿を作成する

家計簿はお金の使い方が明確になり、節約モチベーションがでます。

STEP
水筒を持ち歩きペットボトルの購入回数を減らす

水筒を持ち歩き、ペットボトルの購入機会を減らします。

STEP
服と靴を整理する

仕事用スーツを含め、自分に必要な服と靴を残します。服を整理すると、無駄に新しい服を買わなくなり、被服費を抑えることができました。

STEP
自炊中心の食生活

外食やコンビニ弁当の回数を減らし、自炊を増やします。食費は家賃に次ぐ大きな支出です。料理系YouTubeを参考にして自炊しています。

STEP
格安SIM・インターネット回線の契約

1度契約を見直すだけで、通信費の節約が継続します。
「日本通信合理的シンプル290」はお勧めです。自宅に無料インターネットがない場合、楽天モバイルの最強プランがお勧めです。

STEP
死亡保険の解約

パートナーが専業主婦・主夫の場合、子供がいる場合は死亡保険が必要。

STEP
賃貸火災保険の見直し

不動産屋が勧めた火災保険は割高なものが多く、自分で選んだ火災保険に変更しました。

STEP
セルフカット

予約や待ち時間を気にせず、自分の都合の良い時間に髪を整えることができ、時間の節約も同時にできます。

STEP
車を処分(公共交通が充実している場合に限る)

電車・バスがない地域では車が必要です。 転勤で10年間、電車・バスがない地域に住み、車がないと生活できないことを理解しています。 以前は、年式が古い中古車に乗っていました。 現在は自転車で移動しています。

STEP
生活防衛資金を貯金する

「生活防衛資金」とは、急な医療費、失業などの緊急事態に備えるための貯金。1年間生活費をカバーできる金額を確保しました。

STEP
つなぎ売りで株主優待をもらう

生活防衛資金を担保に、優待クロスを行います。少ないコストで株主優待を貰い、外食、日用品を購入します。

STEP
余裕資金で高配当株投資

配当金は安定した収入源となり、生活費に充てることができます。また、定期的な収入はセミリタイアプランの作成にも役立ちました。

日本ブログ村に参加しています。ボタンを押してくれると嬉しいです。

目次